親知らずが虫歯になり、親知らずを抜く決意をしました。決意・・・?というのも、親知らずが虫歯になったのが半年前だったからです。

 

仕事が忙しかったのと、下の歯の親知らずは痛いと聞いていたので、勇気がでなかったからです。

 

だって親知らずは抜くとしても、下の歯を抜くのが腫れたり、めちゃくちゃ痛いなんて聞いたら怖いじゃん

 

なわけで、下の歯の親知らずを抜くまでの経緯を書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

親知らずは本来抜かなくても大丈夫

 

親知らずは、正常に生えていれば抜かなくても大丈夫なようです。これは、虫歯になっていても治療するとからしいです。

 

ですが、やっかいなのが「問題児の歯」。問題児の歯というのは、歯肉にくい込んでいたり、ななめに生えたりしている親知らずのことです。

 

ちなみに、私は横に親知らずが生えていて、隣の歯も虫歯になっている可能性があるとのこと。

 

なので、親知らずの虫歯を治療するよりかは、虫歯有りの親知らずを抜いちゃったほうが歯医者さんの先生曰く、楽だよ~とのこと。親知らずは歯ブラシがうまく磨けないから、抜いちゃうことで虫歯になりにくいというメリットはあるそうです。

 

で、普通の親知らずは歯医者などで抜けるらしいのですが、歯肉に埋まっていたり、横に生えている問題児の親知らずは、「口腔外科」で抜くのが一般的なのだとか。

 

親知らずをすぐに抜かなきゃだめですか?と聞いたろ頃、こんな回答が。

 

親知らずを抜くタイミングとは?

 

できれば親知らずは虫歯が有・無にしても、違和感があったり、虫歯ができやすい場合は「若い時に抜いてしまう」のが一番良いそうです。

 

親知らずを抜いた後、1ヶ月は虫歯治療ができないそうです。

 

若いときに親知らずを抜くメリット

 

若い時は、歯の骨がまだ柔らかいそうです。なので、比較的抜くのが難しくないとか。

 

これが、50代、60代でも親知らずを抜く人はわりといるそうですが、親知らずを抜くのが骨が固くて、とにかく大変なのだそうです。

 

また、変な風に親知らずが生えている場合、神経が近く、神経が傷ついてしまった場合は、修復されるのに最低でも1ヶ月はかかるそうです。

 

麻酔をかけられたような麻痺やびりびり感が出たり、長い人だと1年間も続く人もいるとか。

 

骨が固い場合、どうしても治療時間がかかるため、神経に当たるリスクも高まるとかなんだとか。

 

女性は特に早めに抜くのがいい

 

それと、特に女性は若いころが特にいいのだとか。

 

というのも、女性の場合だと結婚して「妊娠」に関連する場合だと、いろいろ厄介になってきて妊娠中は薬や麻酔などは一切使えないので、難しいらしいです。

 

なので、結婚する前がいいよと言われました。

 

さて、口腔外科を自分でいかなければいけないのかというと、私が行っていた歯医者さんでは、病院の口腔外科の紹介状を書いてくれました。

 

親知らずは残していてもメリットがないので、抜けるのであれば、抜いてしまうのが1番らしいです。

 

どの口腔外科がある病院・歯医者で抜くかを聞く

 

なんでこんなことを聞いた方がいいと思いますか?じつは、電車や車で不便な口腔外科を紹介される場合があるからです。

 

じつは以前、いきなり詰め物が取れてしまい緊急だったので、いつも行ってた歯医者でなく、家の近くにできた歯医者に行ったことがありました。

 

その時に親知らずに虫歯があるといわれ、口腔外科紹介するからと言われました。その時、近隣かなと思っていたら驚き桃の木。東京の〇〇市の病院への紹介状を書くのでと・・・。

 

私の場合埼玉に住んでいるのですが、東京の〇〇市は、新宿とかよりも遠く、車でも不便な所。なんでそんなところ紹介するんだよと思い、それ以後その歯医者にはお断りしました。

 

今は歯医者がコンビニよりもあるので、そんなところ行くなら別の口腔外科行くわ。

 

いつも通っていた病院は、歯医者近隣の口腔外科がある病院だったのですが、変な歯医者に行くと拍子もない病院を紹介される場合もあります。

 

別の人も親知らずを抜くときに、〇〇市の病院に行ったらしいのですが、超不便な場所で二度と行きたくないと言っていたので、こんなケースもあるよってことです。なので、念のために聞いた方がいいですよ。

 

紹介状代はかかる?

 

私の場合、口腔外科にはすぐに行けないと言ったら、いつでもいいから行ける時行ってね~紹介状書いとくからと言われました。

 

行った歯医者さんは、紹介状費はほぼかからない感じでした。親切~。できれば、良心的な歯医者さんで通院するのがいいですよね。診療費が高い歯医者さんだと、紹介状費をぼったくりされるので。多分、↑で書いた〇〇市の紹介状を書かれたら、紹介状とられそう・・・・。

 

なので、紹介状はかかったり、かからなかったりすると思います。普通はかかるかも。

 

親知らずを抜くときは予約をする

 

紹介された口腔外科に予約をして、レントゲンを撮ってから、虫歯の親知らずの抜く日を決めます。

 

11月に電話をしたら、超激混みらしく、親知らずを抜くのは2週間~1ヶ月後らしいです。もしかしたら、年末にかけてくると混んでくるのかもしれませんね。

 

また、紹介された先生の日程もあるのかもしれません。

 

紹介がない・どの口腔外科や歯医者がいいかわからない場合

 

自分には歯医者での紹介がなかったり、いきなり親知らずが痛くなった時どこの歯医者さんがいいか悩む人も出てくるかもしれません。

 

そんな時は、歯医者の口コミぐらいが参考になると思います。

 

私は紹介されつつも、口腔外科でしたが評判を探しちゃいました(笑)歯医者さんの口コミサイトなどもあるっぽいので、地元の親知らずが取れる歯医者さんの口コミを調べてみてはいかがでしょうか。

 

親しらずを抜歯したい場合は、「歯科口腔外科」がある歯医者を選ぶのが無難だと思います。

 

>>歯医者の口コミサイトはコチラ

 

私の場合は病院の口腔外科で抜歯しましたが、大学病院の先生など病院の口腔外科は、歯医者さんの紹介状が必要な場合が多いようです。

 

もし歯医者さんの紹介がなかったり、抜歯したいなと思ったら口腔外科などがある歯医者などを検索して調べてみるのもいいと思います。

 

スポンサーリンク

親知らずを抜く前にどんなことをする?

 

レントゲンを撮る

 

レントゲンは、歯医者さんのレントゲンと一緒のもので、レントゲン台に歯をのせて機械が顔の周りをクルクル回る感じでした。

 

先生からの説明がある

 

レントゲンの写真を見て、自分がどのような親知らずの処置を受けるのかを説明してもらいます。

 

私の場合は、こんな感じ。一応歯です。

ha

私の場合は、肉に埋まっていて、しかも生えている歯の1つの根本が盛り上がっているとのこと。根元が割れていると、ポーンと真っ直ぐに取れないそうで時間が掛かるそうです。

 

なおかつ、横に生えている親知らずは神経スレスレの部分なので、傷ついてしまう場合もあるそうです。

 

なので、処置としては、

 

①まず右側の隣の歯にぶつかっている歯を切り落とす

②根本のこんもりを取り出すために、歯肉を切る

③親知らずを取り出す

 

のだとか・・・歯肉を切るとか怖すぎる・・・。

麻酔をかけるので痛くはないみたいです。

 

親知らずの下の歯は腫れるらしい

 

親知らずを抜いた次の日、腫れる人が多いそうです。これは、親知らずを抜いた人のブログなど見ると載ってますよね。

 

腫れの大きさ的には、飴玉ぐらいなのだとか。お友達と遊ぶ分には気になるかもしれないようですが、マスクでは隠れるので、仕事とかで気になる人はマスクをするといいみたいです。

 

学生さんとは、学校がある日でなく夏休みや冬休みに抜いてしまうのがいいかもしれませんね。

 

親知らずの処置時間はどのくらい?

 

時間は個人差がありますが、早い人だと15~20分で抜けてしまうとか。でも、それは普通の親知らずであって、特殊な親知らずの生え方だと、処置時間は最高で1時間ほどかかるそうです。

 

これは実際に、親知らずを抜いてきたときレポします。

 

親知らずを抜く 料金はいくらぐらい?

 

親知らずは生え方によって、金額が変わるそうです。

 

私の歯の場合だと、6,000~7,000円(薬込)でかかるそうです。歯肉を切って処置しても、1万円以下でできるとか。普通の親知らずであれば、もう少し安いと思います。

 

親知らずを抜く前日

 

前日には、きちんと睡眠を取ることしか説明されませんでした。体調万全で抜くのが一番ですからね。

 

親知らずが虫歯で取ることになった  まとめ

 

親知らずを2週間後ぐらいにに抜くのでドキドキです。変な歯の生え方は、まさに親知らず。今更になって抜きますが、緊張しまくりです。

 

抜くときは痛くないけれど、抜くときの音や振動はリアルに聞こえるそうなのでガクガク。

 

親知らずを取ったらレポを書いていきたいと思います。

 

抜歯してきました

親知らずを抜歯してきた 痛いかというと・・・

親知らず抜歯後の食事について語る

 

親知らずの抜歯記事には、親知らずを抜歯した時の費用も書いておきました。ご参考にどうぞ~。

 

虫歯って大したことないのかなと思ったら、親知らずめちゃくちゃ虫歯でした。これだと、治療するより抜歯した方がいいというのも納得です。

 



スポンサーリンク
おすすめの記事