ここでは古本買取ブックサプライでの買取りから振り込みまでの体験談を書いています。

 

テレビを見てたら運気が悪い人やお金が入らない人は『部屋が汚いのが特徴』という番組を見てみて、これはまずいと思い断捨離のつもりで部屋の掃除をしました。

 

掃除をしていると、あれよあれよと出てくる大量に古い本や漫画、ゲーム、大学時代の教科書。

 

もったいないからと捨てずにとっておいたものがまさかの不運の元になっていたとは知らず、思い切って一気に捨てよう!と思ったのですが、100冊以上ある量の本屋漫画をいちいち束ねて捨てたり、買取にいくのもめんどうくさいと思いなかなか行動に移せず・・・。

 

本当はブックオフとかに行けばいいんですけれ店舗が遠いのと、この量をもっていくまでも面倒で、なおかつ昔買取してもらったとき『全て引き取り(全て0円で1冊も売れなかった)』という形や、50冊で10円というトラウマがあったので出張買取も躊躇。

 

やっぱり低価格買取だと対面買取は恥ずかしいし、とにかくこの大量の本の置き場も困るので部屋からだして処分したく『宅配買取』をしてもらおうと思い色々なサイトを調べていたのですが、どれが一体よいのかわからず・・・。

 

そんな時、本がたまっているにも関わらず楽天ブックスで漫画を買った中に、ある古本の買取のチラシが入っていてそれが『【ブックサプライ】』という宅配買取業者さんでした。

 

いつも楽天ブックスに入っているわけでなく、たまーにチラシが入っていたんですがいつも捨ててたんですけど、たまたま見つけて調べてみたんです。

 

スポンサーリンク

 

ブックサプライを宅配買取に使おうと思った理由

 

色々宅配買取を調べてブックサプライを選んだ理由が、

 

・買取価格が事前に調べられる

・ダンボールが10枚まで無料

・10点以上、または2000円以上で送料無料

・買取手続き・集荷手続きが楽

・最低金額でも1円はつくものが多い

・24時間いつでも手続きができる

・買取に不満がある場合は返送2箱までは無料

・買取不可でも無料処分

 

ということです。

 

売れるものは、本、漫画、ゲーム、CD、DVDなどなど。

 

もう少し見ていくと、

 

買取査定がわかる

 

特に個人的には、売る前に買取価格(リアルタイム査定)がわかるとういことは大きいかなと思います。

 

正直大量に本や漫画とかある場合、いちいち検索する人はダンボールに入れるだけなのですが、なんとなくこの本高く売れるといいなとか、わりと話題な本や漫画はあえて検索してみるといいかもしれません。

 

宅配買取は値段がわからないのですが、検索してみると金額がでてくるので自分が売りたい値段もある程度わかるわけです。

 

他の宅配買取は査定額が調べられないので、その辺のブックサプライのリアルタイム査定はそのあたりのリスキーは減る感じです。

 

リアルタイム査定のやり方

 

自分で査定調べるのは簡単で、トップ画面やリアルタイム査定のボタンから検索欄に本や漫画の裏面にあるバーコードの数字を入力するだけ。

 

例えばこんな感じで調べます。

 

サイトを開くとお試し査定欄があるので、

 

 

本やゲームとかに書いてあるバーコードの数字を入力します。2つバーコードがある場合は、上の部分。

 

 

『査定する』のボタンを押すとこんな感じ。

 

 

内容がでてくるわけです。査定額も今のところはこんな感じ。価格はその時々で上がったり、下がったりがあると思います。

 

中古販売を見ると最高で500円ぐらいだったので、買取価格はまあこんな感じなのかなと思います。

 

 

最近話題の本だと、

 

 

こんな感じ。

 

わりと前に調べたときは500円だったのですが、売る人が増えているのか買取価格は下がっていました。

 

 

ただこの本を題材にジブリが映画化するので、もしかしたら来年には結構値段が上がる可能性もありそう。

 

市場や人気具合、需要と供給のバランスで買取価格で変動するみたいです。なので、Amazonなどで売っている価格を比較してみると参考になるかなと思います。

 

ちなみに私はなかったんですが、1ヶ月以内の本では40%の買取保証があるそうです(状態にもよるみたいですが)

 

なんだか売れそうだな~と思ったものは、店舗買取しているところと比較したりしてもいいですよね。ちなみに↑の3冊は売るつもりはないので売りませんでしたが。

 

古い本なので処分できればいいんですけれど、何となく最近買った本などでいらないと値段が気になるもので、しかも学生の時に買わされて読んでいないどうでもよい教科書的本が、絶対にブックオフとかだと無料買取だったところを、意外と200円とかになったりして、調べてみると意外と値段がつくものもありました。

 

参考書、ビジネス書、古いゲーム機やゲーム、雑誌などもうれますが、状態にも値段は変化するらしいのであくまでも目安です。少しお金になればラッキー程度ならいいと思いますよね。

 

※検索画面は違う場合もあります。

 

最低でも1円はつくものが多い

 

どんなに古い漫画でも1円はつきますし(たまに0円もありますが)、5円とかもあるので調べてみなくても1円にはなるので、ブックオフとかよりかは0円の確率が低くなるのでいいなと思います。

 

例えばこのまったく読んだことがなく、なぜか家にあったこんな本も査定額が2円に!

 

 

ちなみにアマゾンで調べたら↓中古販売が1円なので、査定額高い(笑)

 

 

意外と古い本も捨てたもんではないですし、ただ処分するよりかは1円でも売れればラッキーというならブックサプライは向いていると思いますよ。

 

すべての本や漫画を調べるとかめんどうくさすぎるので、適当に良さげなものは調べて、あとの本や漫画はダンボールにとにかく詰めるだけ。

 

【ブックサプライ】のサイトで買取価格を調べてみる

 

ダンボールは無料

 

ダンボールは10枚までは無料でもらえて、1枚の段ボールに文庫本100冊入るそうです。

 

個人で適当に用意してもOKですが、その場合は3辺が100㎝のサイズの段ボールを用意します。

 

手続きが楽

 

普通宅配買取の場合、申込書を印刷して、身分証明書をコピーして入れて、宅配業者の送り状を書いてとめちゃくちゃ面倒くさい手間がありますよね。

 

ブックサプライの場合は、申し込み書は印刷しないで最初にネットで申し込みの時の記録でOKで、身分証明書もネット上でデータをスマホの写真で取って送ることができます。

 

ちなみに1回送れば、身分証明書は再度いれずに済みますので、また買取お願いするときはただダンボールに本などを積み込むだけです。

 

宅配業者の送り状も書く必要もなくて、ただダンボールに詰めたものを宅配業者にそのまま集荷で渡すだけなので、やることは申し込んで詰めるだけ。

 

さて、結局色々調べて他にどこに売ればいいかわからないのですし、別に要らない本は処分したかったのでブックサプライで買取お願いをして売ってみることにしました。

 

ブックサプライの買取り手続き方法

 

買取手続き方法は、『ブックサプライの公式サイト』からの申し込みとなります。

 

①ブックサプライの申し込みページに行く

 

チラシがある場合は、そのURLを入力するだけです。

 

まずはブックサプライのサイトにアクセスして、一番下の方に行くか、『かんたん買取ご依頼』ボタンを押すと買取申し込みのところに入力するだけです。

 

公式サイト ⇒ブックサプライの申し込みページ

 

②自分の住所などを入力する

 

開いたら住所や電話番号などを入力。

 

集荷先は大概が入力した住所だと思うので『上記住所の集荷』を選び、それ以外の住所ならば『別の住所で集荷』を選び住所などの入力をします。

 

③振込先を入力

 

振込先はどこでもOKで、振り込み手数料も0円です。

 

銀行、ゆうちょ、寄付から選べます。

 

寄付をする場合は、振込先入力はいりません。

 

④ダンボールが必要な人は入力

 

ダンボールが必要な人は、ここで無料のダンボールを送ってもらう依頼をします。

 

ダンボール1枚に対して目安CDは150枚、文庫本80冊。

 

私の場合はダンボールがなかったので、お願いしました。

 

普通の本が結構100冊以上あったので、念のために3箱お願いしました。

 

もしダンボールが足りない場合は、追加もできます。

 

そしてダンボールの枚数を入力したら、段ボールの配達希望時間帯を選びます。

 

⑤買取の支払い方法を選ぶ

 

買取をお願いして支払ってもらう方法を選びます。

 

・自動承認

⇒買取が終わったらすぐに支払われる

 

・自動承認寄付

⇒買取が終わったら全額社会貢献団体に寄付される

 

・自動承認不可

⇒査定が終わったらメールがきて、承認がOKなら選ぶ

 

私は売れればいっかなので、自動承認を選びましたが、もし買取を戻したい場合などは自動承認不可を選ぶといいですね。

 

⑥集荷日や時間、個数を選ぶ

 

ダンボールに詰め込んだものを、ブックサプライに送るために集荷に来てもらう日を決めます。

 

ダンボールを無料でもらった場合は、ダンボールが届いた日+3日後が最短の集荷日になります。

 

⑥プライバシーポリシーをチェックして適度に読み、利用規約をよみチェック

 

⑦再度確認

 

⑧依頼

 

申し込み済みメールがきたら、ダンボールがあるならそれにつめこみ、ブックサプライから無料ダンボールをお願いしている場合は待ってきたら詰め込み、集荷準備をします。

 

【ブックサプライ】で宅配買取をしてみる

 

ブックサプライの体験談をここから書いていきますよ。

 

ブックサプライで買取体験談

 

まずはブックサプライで申し込み体験談を書いてみます。

 

ブックサプライの買取り方法を調べてもよくわからない面があったので、実際に売ってみた記録を書きました。

 

何となく流れがわかれば、買取もやりやすいかと思いますのでご参考にどうぞ~。

 

ブックサプライは24時間いつでも申し込みができるので、私は夜遅くに忘れていたので申し込みました。

 

振り込み方法ですが、さっさと処分したかったし買い取り額も数百円いけばいいかなと思い『自動承認』にしてみました。

 

10冊以上あるので、送料は無料です。

 

買取価格が2000円以上であれば無料ですが、この辺はリアルタイム査定ではわからないのでうーんなところです。

 

査定予測では1000~2000円ぐらい行けばというところ。

 

2000円は多分ないですが、あればいいな~という程度に。

 

さて、ブックサプライに申し込んだらこんなメールが届きます。

 

 

その後の2日後ぐらいに、こんなメールが届きました。

 

 

私の場合はダンボールをお願いしましたので、指定日にダンボールが届きました。

 

ちなみにダンボール発送日もメールが届きて、大体時期によっては遅かったり早かったりする場合もありますが1~3日ぐらいは届くそうで、私の場合は3日で届きました。

 

さっさと送りたい方は、段ボール用意しておくと早いと思います。

 

↓こんな感じでブックサプライの無地の段ボールが佐川で届きました。

 

 

ダンボールをくみたてます。

 

 

結構予想以上に大きいイメージでした。

 

あとは本やまんがを詰め込むだけ―!!

結構汚い本も多いのですが、捨てるの面倒くさいのでつめてしまえー!という感じで詰め込みます。

 

学生時代や社会人の時に買ったどうでもいい本も詰め込みます。ちなみにマーカーなどが塗ってあるものは売れないのですが、当時は中身を見ずにいれてしまいました(てへぺろ)

 

100冊以上あったのですが、意外と2箱で済んでしまいました。

 

余った段ボールの詳細をブックサプライに聞いたところ、処分か次回の買取する場合は使ってくださいとのこと。

 

本が傷つかないように新聞紙やゲームなどはプチプチなどで梱包をして、上にダンボールと身分証明書のコピーを入れた封筒を置きました。

 

 

身分証明書はブックサプライの申し込みページでもスマホの写真を送れるので、送ってしまった方が楽かもしれません。

 

ちなみに身分証明書の種類はこちら↓↓

あとはしめるだけ。

 

 

あとはガムテ―プでとめて、集荷を待ちます。

 

集荷日になったら、午前中佐川のお兄さんが集荷にきてくれました。

 

その時にするのは、『ただダンボールを渡すだけ』です。

 

これだけ。はい、これだけで終了。超楽。

 

 

あとは送り状の控えをもらって終了。

 

佐川のお兄さんが外で手続きして終わりです。

 

ちなみに、段ボールを3つお願いして集荷も3箱になっているんですけれど、私の場合は2箱になってしまったわけです。

 

どうするのかブックサプライに聞いたところ、その時はブックサプライに連絡はいらず、佐川の集荷に来た人に個数が変わりましたと直接言うだけでよいそうですので、言って終わり。

 

これで部屋にあった本や漫画とはおさらばで、部屋がとてもすっきりしました💛

 

集荷が終わり、4日後ぐらいにブックサプライから『商品到着メール』が届きました。

 

 

あとは査定を待つだけです。

 

ブックサプライの査定までの時間

 

ブックサプライの査定は混雑しているためか『遅い』です。

 

私の場合は申し込み日から約3週間以上はかかりました。

 

1週間ぐらいでくるのかな~と少しわくわくしていたんですけれど、わりと長いです。

 

うーん遅い。

 

でもリアルタイムでも何分ごとに申し込みしているのが見れるので、そうとうの数の宅配買取物が届くのかなと思います。

 

ブックサプライの査定結果

 

さて査定結果ですがこんな感じでした。

 

 

書籍:26点で1,051円

コミック:66点:286円

GAME:1点3円

 

合計:1,340円

 

買取不可:23点

 

でした。書籍結構あるかと思っていたんですけれど、意外と少なく。

 

1冊40円ぐらいの計算ですが、リアルタイム査定した本は買取の時の価格よりも下がっているのかなと思います。

 

多分買取不可はマーカーなどで書いてあったものもあったり、かなり汚い本などもあったのでまあ、こんな感じかなと思います。

 

処分が一気にできたので、査定額は思ったよりかは少なかったのですが『まあいいか』程度でした。

 

そしてその日の夜に、振り込み手続き完了のメールがきました。

 

振り込みはすぐでしたので、早かったです。

 

こんな一連がブックサプライの買取方法になります。

 

【ブックサプライ】の申し込みはこちら

 

ブックサプライでの買取りが向いていない人

 

ブックサプライの買取りをしてもらい、買取りが向いていない人はこんな感じです。

 

・査定額をすぐに出してもらいたい

・1冊ずつの買取価格知りたい

・10冊以上の本がない、またはリアルタイム査定で2000円以上の本がない

 

査定額が出るのが遅いので、今すぐにお金が欲しいという方は向いていないと思います。

 

本や漫画の買取りの場合、1冊ずつの査定価格がわかるの業者はなかなかいないと思いますが、買取価格を個別に知りたいなら向いていません。

 

また自分で送料を支払うとなると半端ないので、送料無料に入らない10冊以下、査定額2000円以下はやめた方がいいと思います。

 

ブックサプライのイマイチなところ

 

ブックサプライはリアル査定額と宅配されて買取査定するときの時間があくので、当時と査定時の価格が変わることです。

 

たとえば最初の査定価格をしたときに、500円ぐらいだったのが290円ぐらいに下がっていたりするので、査定額の保証部分がいまいちなところはうーんと思いますね。

 

こういう売れる系の本はブックオフなど書店買取してもらって、その価格がいまいちだったら売った方がいいかなと思います。

 

ただ逆に高い場合もあったり、値段がアップしてる場合もあると思うので何とも言えない感じですね。

 

ブックサプライの買取りが向いている人

 

ブックサプライの買取りを試してみて、向いている人はこんな人です。

 

・今すぐ家の中の本や漫画をさっさと処分したい

・ゴミですてるよりかは1冊1円でも査定がついてほしい

・集荷の手間暇を省きたい

・買取価格を調べたい

・近くに買取店舗がない

 

とにかく家の中にある本や漫画を1円でも売りたい方は向いています。

 

ブックオフとかだとまとめて10円買取とかざらですが、1冊1円買取が多いので100冊あれば100円になります。

 

それにリアルタイム買い取りもあるので、ある程度の価格もわかります。私はめんどうくさいので全部は調べませんでしたが、数冊調べてふーんって感じだったり、おおおーって感じもあったので楽しかったです。

 

ブックサプライはとにかくダンボールに詰め込むだけでいいので、伝票をいちいちかいたり、集荷日指定をお願いしたりする手間暇もかからないので、今すぐ手っ取り早く処分したなら向いています。

 

処分するのはもったいないから、とにかく手間暇なく少しでもお金がはいればラッキーな方には向いていると思います。

 

もし不満な場合も2箱までは無料で戻せるので、処分するにはいい感じだと思います。

 

【ブックサプライ】で買取を申し込んでみる

 

まとめ

 

ブックサプライの買取りはかなり査定までの時間が遅いですので、大量の漫画や本などを今すぐ売りたい、処分したいという方には向いている買取業者さんだと思いました。

 

思ったよりかは微妙に少なかったのですが、まあこの程度だしいいか~、まあ多少お金になったからラッキーって感じです。

 

100冊以上もあったので、捨てるしてもいちいち束にして、ゴミ箱まで往復してとか面倒くさくて私には無理だし、忙しい朝にそんなことしてられるかーって感じなので、一気に漫画や本を処分したいなら宅配買取は向いています。

 

とにかく価格がでればラッキー程度で、それ以上に100冊以上の部屋を占めていた本や漫画などがあった部屋がきれいになった方が嬉しかったりします。

 

超きれいになりましたし、本棚の飽きが地味に嬉しいです。

 

これで断捨離がわりとできたので、運勢もアップするかも↑↑です。グッドバイ古い本や漫画、ゲーム達。

 

ブックサプライの買取はすごく思っている以上に簡単だったので、さっさと送ればよかったな~と思いました。

 

家にある本や漫画を大量処分したいなら、ブックサプライの宅配買取利用してすっきりとした綺麗なお部屋にしてみてはいかがでしょうか。

 

【ブックサプライ】で買取りの申し込みしてみる

 

スポンサーリンク
おすすめの記事