通常の国民年金は、支払明細書が来て、それを銀行やコンビニで支払いますよね。

 

でも、毎年のことだと面倒くさいので、口座振替に変更したい人もいらしゃると思います。

 

国民年金は口座振替に変更することができます。

 

申し込み方法は同じで、口座振替にすることでメリットがあったりします。

 

ここでは、国民年金の口座振替に変更する方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

国民年金の口座振替変更するメリット

 

国民年金の支払いの手間が省けるだけでなく、なんと、国民年金でも「割引」があります。

 

国民年金なのに、口座振替に変更するだけで割引があるなんて、変な話でもあります。

 

割引には条件がある

 

ただし、全ての人が口座振替に変更したから割引があるわけではありません。

 

1ヶ月や3カ月払いは割引がありません。

 

国民年金の割引があるのは、「半年以上の前払い」となります。

 

例えば1年前納にする場合の割引額は、

 

・口座振替:4000円程度

 

ちなみに、クレジットカードでも支払いをすることができます。(別途記事にてご紹介)

 

・クレジットカード:3500円程度

 

となります。

 

金額に関しては、年々違う可能性もあります。あくまでも、目安額です。

 

口座振替の方が割引額が高いようですが、クレジットカード支払いは「ポイント」がクレジットカードに付与されるので、その分を考えるとクレジットカードの方がお得な場合もあります。

 

追納は口座振替ができない

 

せっかくだから、未納してた国民年金を追納しようと思うかもしれません。(学生納付特例制度など)

 

ですが、追納分は口座振替はできないのでご注意を。支払いは銀行やゆうちょ、コンビニ支払となります。

 

スポンサーリンク

国民年金の口座振替変更の申し込み方法

 

口座振替の変更をするには、ゆうちょ銀行を含む預貯金口座を持っている金融機関や年金事務所で、国民年金保険料口座振替納付(変更)という申出書を提出します。

 

国民年金保険料口座振替納付(変更)は、国民年金のホームページでダウンロードができます。まだ悩んでいる人は、1年分の国民年金の振込用紙が来たときにも、口座振替の説明が入っているので、そちらをチェックしてみて下さい。

 

年金事務所で手続きする場合は、直接行って申込書を貰ってその場で書くか、ダウンロードした申込書を郵送でも大丈夫のようです。

 

口座振替の変更のお申し込みは、期限があるので詳しくは国民年金のホームページをご覧ください。

 

参考PDF:国民年金の口座振り込み専用申し込み書はこちら

 

郵送の場合は、自分の管轄の年金事務所に郵送すれば完了です。後日、口座振替額のお知らせが届くので確認をしてみて下さいね。

 

少しでも国民年金を割引をしたい人は、口座振替やクレジットカード支払いがお勧めです。

クレジットカードは、ポイントがたまりやすくて、年金分が割引になりなおかつポイントもつくので嬉しいです。

 

クレジットカード欄には、楽天カード欄もあります。フリーランスや学生の方は作りやすいので便利ですよ。

楽天カード

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事