確定申告の時期が来ましたよね。私の場合はフリーランスなので、自分で申告書を作らなければなりません。

 

去年は社会人の申告書で済んだのですが、今年は売上があるので白色申告を作成しなければなりません。ですが、自分で資料を作るとなると莫大な時間がかかります。そんな時便利なのが会計ソフトってやつですね。

 

やよいの白色申告書とかですね。クラウドなんたらとか。

 

私は会計ソフトなんてまったく使ったことがなかったので、白色申告書が作れるかどうか超心配でしたが、超簡単でした。

 

スポンサーリンク

 

やよいの白色申告をつかってみた

 

白色申告書を提出する場合、軽い帳簿的なものをつけなければならないんですよね。超めんどい。

 

本当はエクセルなどで作っても良いのですが、いちいち日付や項目を選ばなければならないんですよ。

 

しかも、収支報告書とか確定申告書を作るとき、どこの項目に入れなければいけないとかさっぱりですし。

 

だから、会計ソフトって便利だな~とは思っていたんですよ。

 

なんでやよいの申告書を選ぼうと思ったのかというと、ただ単に操作画面が簡単そうだったのと、やよいの白色申告ならずっと無料だったのが魅力でした。

 

よく1年だけ無料とかあるじゃないですか。あれじゃなくて、ずっと無料なのがいいね。

 

カスタマ-サポートを付けるとお金がかかるのですが、別にその辺いらなければずっと無料ができて、もし青色申告をしたい場合もそのまま引き継げるのが便利だなと思いました。来年は青色申告したいなと思っているので。

 

やよいの白色申告で申告書を作ってみた

 

私の場合、経費とか売上とか全く計算してないので一気に画面を印刷したり、レシートやクレカの情報を見てチマチマ入力してみました。

 

白色申告の場合は、青色申告と違い軽い勘定科目だけでいいので、科目だけ選べばいいんですよ。

 

日付と、売上を選んで摘要や取引先、金額を入力して登録するだけなんです。同じ取引であれば、チェックすると日付を変えて金額だけ入力するだけなので手間が省けます。

 

取引先は未然に登録画面があるので、そこで登録すると便利かな。

 

経費の場合は、何個か勘定科目をわける必要があるんですけど、こんな感じです↓↓

これを選んで入力するだけです。初めて白色申告する場合、科目に悩む場合が多いと思うのですが、ざっと内容も書いてあるので迷わずに作業ができるかと思います。例えば、文具だったら消耗品費とかね。

 

あとは、売上と同じで下の方に金額とかでてくるだけ。

 

摘要部分などは内容が記録されるので、文具代とか1度入力すると、次もそれを選べばいいから便利です。

 

そうすると下にある取引一覧という画面に出て、確認すればあとは終わり。あとは勝手にやよいの白色申告が表にしてくれます。

 

確定申告書が一気に作れる

 

白色申告書には確定申告書B以外に、収支内訳書というものを提出しなければいけなかったりします。

 

自分でちまちまエクセルで入力すると、どこにどの項目をいれるのかさっぱりですし、インターネット上で探してもなかなか見つかりませんよね。

 

ですが、やよいの白色申告書は取引内容を入れるとざざざざざーと勝手に申告書を作ってくれちゃうんですね。だから、あえて自分で表に売上金額とかを入力する必要はないんですよ。

 

確定申告の画面があるので、そこを押すとこんな感じで作ることができます↓

 

減価償却費は私の場合はないので、スルーです。開始を押して、10万円以上のものは購入していないので完了画面だけで終了です。

 

次に収支内訳書を開始すると、住所とか必要な部分を入力したり、経費や売り上げの確認画面などがあり、フリーだと所得税を払わなければならないのでそれらの金額などが出てきます。一通りみてOKだったら完了です。

 

次に、確定申告書Bの作成があります。これは控除対象のものの入力があるので(住宅控除とか社会保険控除、ふるさと納税控除など)それらを入力してOKなら完了です。

 

ちなみに、白色申告の取引帳簿は勝手に作られます。これは経費の領収書5~7年以上の保管期間が義務とされているみたいなので、印刷しておいて取っておいてくださいね。

 

あとは、すべてを印刷して提出するべきものは提出するって感じですね。

 

やよいの白色申告書を使うと簡単に確定申告書をつくることができました。会計ソフトを使ったことない初心者の私でも使えました。

 

白色申告書の提出書類

 

白色申告書の場合は、

 

・収支内訳書2枚

・確定申告書B2枚+添付書類台紙2枚

 

が必要です。

 

ちなみに、添付書類の台紙はやよいの申告書では見つからなかった(あるのかな?)ので、国税庁のHPで印刷をします。これは何かというと、控除対象となる保険の明細書や寄付額(ふるさと納税)などの証明書を貼る台紙です。

 

国税庁の確定申告書、青色申告決算書、収支内訳書等

 

上記のサイトの「申告書B(平成28年度以降)」のPDFをダウンロードして、添付書類台帳だけを印刷して添付してください。

 

あとは、書類を税務署かe-tax、郵送どれかすればOKです。

 

個人会計ソフトでは、やよいの白色申告書が確定申告一式つくれたので便利でした。今年はやよいの青色申告で申告書にチャレンジしたいな~と思います。

 

初心者でも簡単に作れて、使い方ガイドやQ&Aもあるので特に苦労なく確定申告書を作れるのでおススメです。締め切りに間に合うようにファイト~

 

やよいの白色申告書で申告書を作ってみる

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事