栃木県にある鬼怒川温泉「あさや」ホテル。

 

鬼怒川温泉のホテルの口コミなどを調べまくったところ、口コミでも超評価が良かったのが「あさや」でした。

 

どうやら、じゃらんランキングで1位だったり、テレビで紹介されたなどイケイケのホテルのよう。

 

そんな幾多なる鬼怒川のホテルに上位の座を君臨している、あさやにイケイケの紅葉時期に行ってきました。

 

本当に評価どおりなのか?と思いますよね。

 

鬼怒川の紅葉を見てきた感じは下記の記事で紹介しています。

鬼怒川温泉の紅葉を見に行ってきたよ

 

ここでは、温泉マイスターとかそういう肩書がなく、一般素人が評価した「あさやホテル5部作(予定)」で口コミしていきたいと思います。

 

第一段は、鬼怒川温泉あさやの行き方と鬼怒川駅周辺についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

鬼怒川温泉あさやホテルへスペーシアでGO

鬼怒川

私は彩の国の出身なので、東武特急スペーシアきぬで春日部から行きました。

前回日光に行ったときは、北千住から行ったのですが、北千住⇒春日部までかなり時間がかかったので、春日部からゴー。

 

春日部とか中途半端から乗る場合、スペーシア乗り場に特急券の券売機があるのでチェック!

券売機売り場で迷ったので。

 

確か、1時間30分ぐらいで到着。早い。だがしかし、外は雨でした(笑)

 

鬼怒川駅に到着 あさやまでの行き方

アーモンド

あさやに車で行く場合は、ナビで調べてね。

ちなみに、私が行ったのは平日なのですが、結構人がいました。休日はわりと混んでるかも。

 

時間はどのくらいかかる?

 

さて、私は電車で来たので歩いていきます。よくパンフレットに載っている風景を見たいのであれば、あさやへは徒歩で行くのがオススメ。20分ぐらいで到着します。

 

わりと坂道だったり、階段とかあるので、足が悪い人だと歩くのが大変かもしれないです。

そういう人は、駅周辺に各ホテル行きのダイアルバスを使うのが便利。

片道大人190円。子供は確か半額ぐらいだったかな。タクシーも結構あるので、便利。5分で着くそうです。

 

駅周辺って何かある?

 

バスを待つ間、何か時間つぶしがあるのかというとあります。鬼怒川温泉駅から離れると、何もないので、調達は駅周辺でばっちりしてね。

手書き適当マップを書いてみました。

kinugawaekimap

わからない?おかしいな~。

 

・お土産やさんが3件

・コンビニ兼お土産屋さん1件・

・謎の国際雑貨店が1件

・バームクーヘンのお店

・観光案内の場所(割引券があった気がする))

・奥の方に喫茶店

 

絵にかくの忘れたのですが、謎の雑貨屋さんかお土産屋さんの隣に定食屋さんがあるのですが、超激混みでした。そばとかうどん、てんぷら定食?みたいなのがあった気が。

 

でも、食べるところがお土産やの奥の方の喫茶店か、この定食屋さんしかないかな。あと、コンビニ兼お土産屋さんでもパンとか売ってたので食べれる感じでしたね。

 

あさやの直営のお土産屋さんもあるので、もしホテルでお土産買い忘れても全然OK.

 

あさやホテルのお土産やと、鬼怒川温泉駅周辺のお土産屋さん見てたらたくさん買ってしもうた。

鬼怒川

今後悔してるのが、いちご味のミルキー買えば良かった・・・ママの味。

どうやらあさやのお土産1位は、温泉まんじゅうみたいですよ。

 

足湯に入る

鬼怒川

鬼怒川温泉駅にきたら、なんといっても足湯に入らないとですよ。人がわりといたので、足湯の外観は取れなかったです。

 

鬼怒川

 

電車の中で疲れ切った身体を、足湯にゆったりつかること、で足の代謝が促進され、血のめぐりが全身へと回り、寒々しい雨に打たれた人の心までも癒す効果があるような感じがします。

 

そうそう、雨降ってたので白い息がでるほど寒かったんですよ鬼怒川。恐ろしい。温泉超熱くて暖かい。

 

鬼怒川

 

足を温めることで、疲れも取れるし、ツルツルになるし、体はぽかぽかになるので入るのがおすすめ。

 

靴を置く場所もありますが、足を拭くタオルは持っていててね~

 

DSC_0831

手も温まっちゃうよ。

 

 

あさやホテルに徒歩で行こう

今回は、鬼怒川温泉ホテルからあさやまで徒歩でいきます。

鬼怒川温泉ホテルにいたら、右側に行こう!

 

鬼怒川

 

鬼怒川・川治温泉の温泉旅行協同組合の地図を見かけたら、反対やで。あなたは、あさやでなく反対に歩いてる。あさやは反対の右側やで(私は反対に歩いてた)

 

ドコモの携帯のナビ通りに歩くと、まさかの超遠回りを案内されるのでナビは頼らないのがいいかも。ナビは左側の道を案内されます。金谷ホテル方面ね。

 

なわけで、この温泉旅行協同組合の地図を使って、もう少し詳しくあさやの行き方を示してみたよ。

 

rakugaki

坂道が前半と後半にあるんだよね。

右側の足利銀行を目安の坂を上っていくといいよ。

 

ふれあい橋を目安に行こう。これがふれあい橋。

鬼怒川

この階段結構階段数があるので、帰りは運動不足にはちょっときつい。でも、この道を歩かないと「THE☆鬼怒川」という感じがしないので、行きか帰り、どちらかはダイアルバスに乗らずに歩くのがおすすめ。

 

車は、あさやホテルから歩いていけばいいんじゃないですかね。

 

ふれあい橋は後ろを振り向くと、赤鬼さんがお出迎えしてくれるよ。

寅柄の鬼パンイカス~

鬼怒川

 

すると、ふれあい橋では川と温泉地が見えます。

 

鬼怒川

 

チラミセ。川が結構怖い。川沿いを歩いていくと、鬼さんがいるので、その先を右側に曲がります。

 

俺に挨拶しろよな☆

鬼怒川

 

右に曲がると、石畳のような床を歩いていき、何件かホテルがあるので十字路がでてきます。(確か目の前が鬼怒川温泉ホテルだったかな?)

 

奥の方を見ると、芸術博物館のような綺麗な建物が見えるので、そこがあさやの正面玄関になるので、目指して歩いていきます。

 

右にも左にも曲がらず、そのまま真っ直ぐ坂を上っていきます。途中階段もありますが、向かって右側です。

 

坂を上りきりると、鬼怒川温泉ホテルあさやさんに到着です。

 

あさや

雨の日は、びしゃびしゃと雨にやられるのでバスの方が楽かもしれません。

 

あさやに入り奥が、駐車場やバスの停留所となり、入口にもなります。着いた~

 

道路が意外と狭いので、車で来る人は、普通車の対向車線ギリな感じ。

スポンサーリンク

 

他の外観と違うところ

 

鬼怒川温泉の各ホテルは、わりと老舗が多いのか建物の劣化が目立っていたところが多かったのですが、あさやさんは建物の外観から綺麗でした。

 

市民会館や芸術会館みたいな感じで、綺麗だわ~って思ったほど。歴史的には結構古いのにね。

 

雨が降っていたので、カサを入れるビニール袋もあり、なんだか入口がデパートみたい。

 

早速あさやで受付しますが、今回の口コミはここまで。次に続きます。

 

あさやホテルどこの予約サイトが良かった?

 

あさやホテルで予約する時、ちょうど紅葉時期だったので調べまくりました。じゃらん、JAL、楽天トラベル、日本旅行などなど。個人的にオススメだったのが「日本旅行」でした。

 

予約状況に関して

 

まず、予約に関して遅くても予約をしやす方ったのが日本旅行。じゃらん、楽天トラベルはわりと有名なので予約が、わりと埋まるのが早そうな感じです。

 

あさやさんは人気なホテルのようなので、シーズンは取れにくいです。そんな中、日本旅行だけは少しですが空いていたり、21日間前だと割引が大きかったりなどありました。

 

ただ、楽天トラベルやじゃらんなどはキャンセルも出るので、ちょこちょこ見るといいかもしれないですね。

 

値段が安い

 

他の旅行サイトに比べると、若干同じ部屋でも値段が安かったです。21日割引はギリでも大丈夫なので、ギリギリに決めたい人向けでもあります。

 

チェックインが早い・チェックアウトが遅い

 

通常のあさやさんのチェックインとチェックアウトは、

・チェックイン⇒15:00

・チェックアウト⇒10:00

です。

 

ですが、プランが違ったりすると

 

チェックイン⇒14:00

チェックアウト⇒10:30

 

なので、早くチェックインしてお風呂に入るのも良し、ダラダラするのも良し。30分遅いのもわりと大きいと思います。

受付がわりと混むので、人ごみ回避できますからね。

 

お酒が1杯無料

 

日本旅行の場合は、夜の食事の時に、生ビールやお酒・カクテルなどがえらべます。私は葡萄のお酒を貰いました(結構大きい)カクテルなどもあるのでお酒1杯飲みたいという人はオススメ。

 

お酒が飲めない人は、ジュースなどもありました。

 

↓あさやの予約サイトはこちらから

日本旅行で予約してみる

楽天トラベルで予約する

じゃらんで予約する

 

さてさて、次の記事では、あさやさんの建物の内部であったり、お部屋などを書いていきます。

 

スポンサーリンク

 

あさやのバイキングなどについては↓↓

あさやの夕食バイキング口コミ感想はこちら

鬼怒川温泉あさやホテルに行ってきた お部屋やサービスはどう?

鬼怒川温泉あさやホテルの口コミをしてみる 行ってきた編

温泉あさやホテル 朝食バイキングを食べたよ

 

スポンサーリンク
おすすめの記事