痩せ体質女性が太る方法!プロテインはダメ?正しい食べ方とは?

「太りたいけど太れない」

「腕がガリガリで気になる」

「細って言われるとショック」

意外とそんな悩みの女性が多かったりします。

2015年厚生労働省の発表だと、8人1人は肥満でなく痩せすぎていることに悩んでいる人がいるそうです。

 

太りたいのに太れない、まさにその1人が私だったんです。

太りたいなんて、絶対人に相談できませんよね。嫌味かよなんて言われたり。

そもそも私の場合は腕はガリガリだし、鎖骨とか肩幅がなくて好みの服がなかったんです。

いいなと思った服を試着すると、ゆるくて、好みの服が買えなくてしんどく、夏は半そでになるのがつらかったです。

 

どうすれば「女性の魅力的あるふっくらとした体質になるんだろう」と思っていました。

痩せ体質を改善して太るためには、誰しもが食事量を増やしたり、プロテインなどをとる方もいらっしゃると思います。

 

でもプロテインなどの太る方法をすると、かなりの割合で失敗する女性が多かったりするんです。

 

実際に私がやってみて、失敗しています。太るどころか痩せたりもしました。

 

それには理由がありました。

 

ここで紹介する太る方法を参考にすれば、あなたも健康的に女性特有のふっくらとした魅力的のある体質を目指せるかもしれません。

 

ここでは痩せ体質の女性が太る方法についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

痩せ体質の女性が太るためにやった間違った方法とは?

あなたがもしかしたら今、間違っている「太る方法」を実践しているかもしれません。

まずはそれをチェックしていきましょう。

☆チェック

①食べ物を多く食べている

②高カロリーの食べ物を食べている

③プロテインを飲んでいる

④酵素サプリをとっている

 

どれかがは当てはまっている可能性があると思います。

次に上記のことを踏まえて、太れない理由についてご紹介してきます。

痩せ体質で太れない原因は?

痩せ体質が太れない理由は、間違った太る方法から見ていくとわかってきます。

1つ1つご説明していきますね。

太るために食べ物をたくさん食べている場合

そもそも毎日たくさん食べているのに「なんで太れないの!?」と嘆いてませんか?

じつは痩せ体質で太れない人は、いくら食べても太れないんです。

それはなぜかというと、

 

栄養の吸収率が低いからなんです。

 

そもそも太るためにはそもそも、栄養素を腸でたくさん吸収しなくてはいけません。逆に太りやすい人は、栄養素を吸収しやすく、脂肪がつきやすいとされています。

 

そのためいくら食べ物を多く食べても、栄養素が腸で吸収されないため流れてしまうんです。

もし今あなたがたくさん食べていて太れないなら、無駄に食べ過ぎない方が良いです。

太るために高カロリーの食べ物を多く食べている

太るために高カロリーの食べ物を食べても太らないのは、すぐに満腹になりやすいからです。

高カロリーの食べ物はジャンクフードやお菓子が多いです。

高カロリーの食べ物は胃や腸内環境などが悪くなりやすくなり、吸収率が悪くなりやすくなります。

 

さらには不健康になりやすくなり、女性ホルモンのバランスも乱れて体調が悪くなりやすくなります。

 

もしかしたら高カロリーの食べ物をたくさん食べても太れるかもしれませんが、バランスが偏った太り方となるのでバランスが悪くなり、別のコンプレックスができてしまうかもしれません。

 

不健康で太ってもバランスが悪いので、いやですよね。

太るためにプロテインを飲む

太る方法として定番なのが「プロテイン」ですよね。

痩せ体質に不足がちな人はたんぱく質も大切なんですが、そもそも太るためには「脂肪」が必要なんです。

そのため吸収率が悪いのにたんぱく質を多くとっても、太るという観点ではあまり意味がなかったりします。

 

筋肉はある程度必要なので、たんぱく質もある程度大切です。

もちろん筋肉を体につけるのも大切ですが、それよりもガリガリ体から「太りたい」という観点では、脂肪の原料となる炭水化物や糖質の方が大切になってくるからです。

 

プロテインはカロリーが低いとされ、子供用ご飯茶碗の半分ほどといわれているほどです。

それなら毎日筋肉をつけるプロテインをとるよりも、ご飯食べた方がマシですよね。

それに筋肉マッスルになりたいなら別ですが、普通に太りたいのであれば、たんぱく質は卵、鶏肉、豆類などの食べ物類で十分に補充できます。

 

プロテインのたんぱく質は「太るという観点」ではそこまで重要視しなくてもよかったりします。

たんぱく質を多くとればいいってわけではないんです。

太るために酵素サプリを飲む

太る方法として「酵素サプリ」など酵素をとる方法があります。

酵素サプリは食べ物の消化促進にはいいのですが、栄養素が吸収されなければ意味なく、逆に便通などが良くさらに痩せやすくなってしまいます。

間違った太る方法をみてわかるように、じつは太るためにはただ単に「プロテイン」や「食べ物だけ」をとればいいって話ではないんです。

スポンサーリンク

痩せ体質の女性が太る5つの方法

ではどうやったら痩せ体質が太ることができるのか。

それは4つあります。

①腸内環境を整えること。

②よく噛むこと

③分けて食べること

④血糖値をあげる食べ物を食べる

⑤中鎖脂肪酸をとる

が良いとされています。

それぞれ太るために詳しく見ていきましょう。

太る方法①腸内環境を整える

太っている人が腸内環境が乱れていそうですが、じつは痩せている人も腸内環境が乱れている場合が多いです。

 

なぜかというと「栄養素を吸収するのは腸」だからです。

 

腸ないが乱れたりむくんだりしていると、栄養素の吸収率がいまいちになってしまいます。

そのため腸内環境を整えることで、栄養素を吸収しやすくなります。

 

ではどうやったら腸内環境を整えることができるのか?

 

それは食べ物で腸内環境を整えることが手っ取り早くなります。

太るために腸内環境を整える食べ物

腸内環境というと、ヨーグルトやオリゴ糖などをイメージするのではないでしょうか。

じつは間違ってはいなのいですが、ヨーグルトに含まれる乳酸菌のような善玉菌などを多くとれば良いというわけではありません。

 

最も必要なのは

「食物繊維」

だったりします。

 

その理由として、食物繊維があってこそ善玉菌は生かされるからです。

 

なので一般的によく「食物繊維をとった方がいい」と連呼されるわけです。

 

ただ食物繊維には2種類あります。

水溶性と不溶性の食物繊維です。

 

痩せている人は糖質の吸収を抑えるために水溶性食物繊維を多く取った方が良いとされていますが、太りたい女性の場合は両方をバランスよく食べると良いとされています。

 

それはどちらとも善玉菌を増やすためには必要不可欠だからです。

腸内で食物繊維が善玉菌を発酵して分解すると、量が増えるので腸内環境や整腸効果がでるということになります。

 

どちらかといえば、善玉菌を増やす発酵力の高い水溶性食物繊維を多めが良いとされています。

 

不溶性の食べ物としては、

 

・穀物類
・さつまいも
・きのこ類
・甲殻類

 

などぼそぼそ感のある食べ物に含まれています。

 

水溶性の食べ物としては、

 

・里芋
・大麦
・納豆
・昆布
・アボカド
・熟したフルーツ

 

などねばねばやサラサラ食品に含まれています。

 

もちろん普段の食品のバランスも必要ですが、できるかぎり多めにとってみましょう。

ちなみに両方の食物繊維が豊富に入っているのは「穀物」です。

穀物はなかなかとりにくいですが、グラノーラなどはナッツや穀物が豊富に入っているので間食として食べたり、朝食にもぴったりです。

 

そして乳酸菌などとれる発酵食品(味噌、漬物、チーズなど)、ヨーグルトなどを食べて腸内環境を整えてみましょう!

市販のものであればアロエは豊富な水溶性食物繊維が含まれているので、乳酸菌も取れるアロエヨーグルトなどはおすすめです。

ただ個人差があるので、自分にあったヨーグルトなどを選んで食べてみましょう。途中合わなくなった場合は、ほかのヨーグルトに変えてみるのもいいですよ。グラノーラと一緒にとってもいいかもしれませんね。

 

ちなみに乳酸菌は色々な種類の「菌」を多くとるのがいいとされています。ヨーグルトなどは1日200g(カップ2)つが目安料とされ、なかなかの量をとる必要があります。

 

それは多くの乳酸菌が体に必要だからです。

 

ただ発酵食品など多く食べれない、乳酸菌系の食べ物などが苦手な場合は、サプリメントなどで補うと良いですね。

太る方法②食べ物をよく噛むこと

太れない人には、食べ物をあまり噛まないで飲み込んでしまう人がいます。

よく噛まないと食べ物は消化されにくく、栄養素の吸収が悪いために太ることができません。

よく噛むことで栄養素が分解されて、普段よりも吸収率が良くなります。

 

できる限り毎日よく食べ物を噛んで、食べるようにしてみましょう。

ただし、よく噛むと満腹になりやすくなります。その場合は次の太る方法を合わせて実践してみてください。

太る方法③分けて食べる

痩せ体質の人は「食事が多く取れない」、「すぐに満腹になる」などなってしまいます。

そういう場合は「分けて食べる」方法がおすすめです。

分けて食べるとは、普通に3食食べて、それに+αでさらに食事をとるという方法です。

この方法は「分食」ともいわれます。

 

3食+おにぎり、サンドイッチ、軽い軽食などをとることでカロリーを多めにとれます。この時もお菓子やジャンクフードをとるのはあまりおすすめできません。

もし分食が難しい場合は、間食の際にナッツやチーズをとるのがおすすめです。

チーズやナッツはカロリーが高いので、痩せている人でも食べやすいと思います。

太る方法④中鎖脂肪酸の食べ物を食べる

太るためには「中鎖脂肪酸」が含まれる食べ物を取るのが良いとされています。

その理由としては、素早く肝臓に運ばれ吸収されるため、体に脂肪として蓄積されやすくなるからです。

 

中鎖脂肪酸は母乳などに含まれています。

赤ちゃんが母乳を飲んでいると、ムチムチ間のふっくらとした肌になっていますよね。

脂肪が蓄積されるだけでなく、もっちり感を出せるからとされています。

 

え、母乳とか普通に考えて無理だし・・・って感じですが、安心してください。

 

中鎖脂肪酸は「油」に含まれて、ココナッツオイル、パームフルーツに含まれています。

お値段的にはわりと高いんですが、太りたい場合は食用油の代わりにココナッツオイルなどを使ってみると良いかもしれません。

もちろん普通の油などでもカロリーがあるのですが、中佐脂肪酸の油は体にとてもやさしいものとなります。

もしココナッツオイルが苦手だったり家にない場合は、オリーブオイルなどを使ってみると良いですね。

太る方法④血糖値をあげる食べ物を食べる

最後に太る方法が「血糖値を上げる食べ物を食べる」です。

血糖値を高くするなんて悪いイメージがしませんか?

確かに血糖値はどの食べ物でも上がるんですが、ここでいうのは血糖値を上昇させるための食べ物なんです。

 

じつはこれ太っている人には当てはまるんですが、痩せ体質の人は血糖値を高くしてから食べる方がいいんです。

その理由としては、「血糖値が高いと脂肪をつけられるから」なんです。

血糖値を低い状態で食事をすると、栄養素は吸収されにくいとされます。

 

そのため太っている人は、血糖値を緩やかにさせる水溶性食物繊維をとった方がいいというのは、脂肪を付けさせないためだったりします。

なので痩せ体質の人が血糖値が低い状態で食べ物を食べても、吸収が悪く脂肪がつきにくいということになってしまいます。

 

血糖値を上げるには、GI(グリセミックインデックス)の値の高い食事をとる必要があるんです。

なにそれ・・・って感じですが、要はご飯とかそういった食べ物のことです(少し下でご紹介します。)

 

それに加え、太るための脂肪の原料の「炭水化物」、「糖質」、脂肪のある食べ物を合わせて食べることで、太りやすい体を目指せるんです。

 

ちなみに太っている人は、GI値が高い食べ物は控えた方がいいですよ。

高GI値の食べ物とは?

 

血糖値を上げる食べ物としては、

 

・白米
・うどん
・じゃがいも
・お餅
・食パン

 

などがあります。

 

バリバリ炭水化物系ですね。

白米はGI値81と高い食べ物です。

「白い系」の食べ物ですね。

 

逆に低いGI価は、

 

・そば
・玄米
・さつまいも
・リンゴ

 

など茶色系の食べ物は低いです。

 

ただし高GI値だけでなく、腸内環境を整える必要もあるので、バランスの良く食べる必要はあります。

痩せ体質女性が太るための食べ方

痩せ体質で太るためには、血糖値を高めてから食べることが大切です。

そのため太るための食べ方としては、最初に血糖値を上げるために「ごはん」など「白い系」高GI値の食べ物がよいです。

 

よく「野菜から食べた方がいい」というのは、野菜の食物繊維や酵素をとり、成分を分解しやすく血糖値を高めないようにするからです。

太る人はご飯など主食から食べ始めた方が吸収が良くなりやすくなります。

炭水化物などの食べ物の吸収性を高めてくれることができます。

もっと簡単に太る方法

自分で体が太るようにするためには、太っている人が痩せると同じで経験上結構難しいです。

 

また太るための方法をしても、

 

多く食べれない
もっと手軽に太りたい

 

なんて思ったかもしれません。

 

正直食事とかで太れたら、苦労しないよって話ですよね。

 

もっと「楽して太りたい!」と思う方も多いのではないでしょうか。

 

意外と太るためにいろいろしても続けられないんですよね。

私がふっくら体形を手に入れたのには、じつはもう一つ理由があるんです。

 

それは「白米よりも高GI値の成分をとった」からです。

 

そんな成分あるの?と思いますが、あるんです。

 

その成分が

 

「マルトデキストリン」

 

という、炭水化物が原料のブドウ糖の低分子化したものです。

 

これはGI値81の白米よりも30%高い、GI105値もする成分なんですよ。

これを食事前にとったことで、血糖値を上昇させて食事の栄養素をさらに吸収力をあげることができたんです。

 

そのマルトデキストリンが含まれているのが「プッチェ」という栄養補助的食品なんです。

 

☆プッチェ


プッチェには、

・血糖値を上昇させる高いGI値「マルトデキストリン」
・もっちり成分の天然健康油「中鎖脂肪酸油」
・太るために必要な必要な炭水化物や脂質など天然成分配合

が多く含まれています。

 

1日1包「食前」に食べることで、栄養の吸収サポートを補い、健康的に効率の良い女性体系を目指すことができるんです。

 

太りたいと思って肉や油物、お菓子など高カロリーを食べても、健康的には太れませんよね。

見た目が悪い太り方では、余計に不健康にみられてもいやですよね。

 

ですがプッチェなら食前に食べることで、普段の食事も加えて効率よく健康的に栄養素を吸収することができます。

 

プッチェは健康的にふっくら体系を目指す補助食品なのでやはり2~3か月は必要となります。

 

私もそれぐらいは時間はかかったんですが、苦なくてできて、毎日の変化を楽しめるようにまでなれました。

 

味はヨーグルトペーストで食べやすいんですが、もしヨーグルト味が苦手という人は向いていないのでご注意くださいね。

 

1包みごとに入っているので、外食前とか外出先でも食べることもできますので、高炭水化物食品や脂質を食べるときにはもってこいです。

即効性は無理ですが、自分で栄養管理ができずふっくら体系を目指したいのであれば向いています。

 

プッチェは今では「モンドセレクション」などや多くの「女性雑誌」にも掲載されるなど、痩せ体質の人からは愛用されています。

 

公式通販限定のみのお値段は少し高いですが、定期コースだと最大半額で買えます。

万が一食べて合わないって場合も、定期コースのみ180日返金保証がついているので安心です。

 

今はもう食べ終わったんですが、実際に私も食べてみましたが1ヶ月ぐらい食べ続けると違ってきましたよ。

 

女性らしいふっくらとした(特に腕)になってきて、好きな服を選べるようになったんです。

これなしでは、正直ここまでふっくらにはならなかったなと思いました。

今では人に腕を見られても、全然恥ずかしくありません!

 

もしいまあなたが、腕が痩せてたり、ガリガリとか「痩せていることにコンプレックス」を持っているなら、強い味方になると思います。

 

180日間返金保証付きプッチェのサイトはこちら

痩せ体質女性の人が太るために

痩せ体質女性が太るためには、プロテインや高カロリー食んでなくバランの良く太るのが大切になってきます。

 

そのためには、腸内環境を整えたり、高GI値の食べ物を食べるのが手っ取り早いです。

 

特に高GI値の『プッチェ』の成分は普通の食事のみと比べると違ったので、こういう補助食品も食べつつ効率よくふっくら体質を目指すのもありだと思います。

ご飯や食事をたくさん食べれないので、こういう成分を逆に食べてよかったなと思いました。

 

もちろんこういう商品を頼りにしない方がいいとは思うですが、どうもご飯が大量に食べれないなどの私には向いていました。

太りたいけど太れないという方は、どれか参考になるものがあれば幸いです。

スポンサーリンク
おすすめの記事