生理前だと口内炎ができやすいのですが、今回できた口内炎が上と下に当たり、しかも上の八重歯に口内炎部分が当たって歯茎にまで口内炎ができている状態。

 

食事をしたり、水を飲んだりするときのお口の中の痛さ。

 

口内炎を1日でもはやくすぐに治したいと思ったら、次の日歯医者が予約が取れず、その次は休み!?

 

これは絶体絶命・・・この痛みをどうすれば・・というわけで、口内炎をすぐに・・少しでも早く治したいので自宅でできるケア方法や口内炎の治し方を色々調べてみたので、まとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

今すぐ自宅で口内炎ケアできる方法

 

口の中は乾燥させない

 

お肌と一緒で、口の中も潤いが大切なのだそうです。

 

なので、こまめにお水などを飲んで口の中を潤させるのがいいそうです。

 

ガムなどをかむと唾液がでていいらしいのので、口内炎をできていない部分で噛むといいかもしれませんね。

 

コーヒーなどは刺激となるので、お水や殺菌としてお茶なんかもいいっぽいですよ。

 

口の中を清潔にする

口内炎は細菌が多いので、とにかく「清潔」が大切なのだそうです。

 

調べてみると、「イソジン」でのうがいがいいらしいですね。

 

実際に使った人達がイソジンでうがいをしたとき、いい感じのようです。

 

口内炎ができたときからすぐにうがいをするといいらしいですよ。

 

うがいするときは、強くでなく水で薄めたイソジンを口の中で優しく転がすようにするといいみたいでした。

 

ただ、イソジンで清潔にして、少しでも口内炎を治したいと思ったら・・・

 

「イソジンがないよ!」

 

というトラブルが起きるかもしれません。

 

そうしたときに見かけたのが、お口くちゅくちゅモンダミンみたいオーラルケアできる洗口液でもいいらしいです。

 

これなら自宅に合ったのでやってみましたが・・・

 

「痛い( ゚Д゚)」

 

お口に入れて、口内炎部分に当たっていたい・・超痛い。ペパーミントのすっきりさが痛みにしみる・・・。

 

と思って吐き出したら、

 

患部の痛みが少し軽減されていて驚きました・・・殺菌パワーすごい。

 

※ただ長続きしないので、こまめに口のなかを洗ったほうがいいのかも。

 

ただあくまでも殺菌なので、口内炎が初期段階のできたてほやほやでやると違うかもしれませんね。

 

結構口内炎悪化しても洗浄後はかなり楽になったので、いい感じでした。

 

※追記:

イソジンでうがいしてみました。口内炎はそこまでしみなかったのですが、別に楽にはならなかったので個人差があるのかもしれません。

 

ビタミンを取る

口内炎といえばビタミン!

 

というわけで、ビタミンを補給するといいみたいですよ。レモンなどはよさそうですが、レモンもなかなか自宅にないもの。

 

なので、野菜や果物やウナギ、レバー、青魚など積極的に食べて、口内炎ができているときは甘いものやからいもの、お酒なんかは控えた方がいいですね。

 

早く休む

 

口内炎は免疫力の低下などで体が弱っていると、細菌が入りやすく口内炎ができてしまいます。

 

とにかく早く寝て休む。

 

身体を安静にして、少しでも休めて上げてください。

 

もしかして口内炎ができてしまうのは、無理しちゃってたかも?

 

ここで自宅編は終了です。次に、歯医者いけないよという人向けの口内炎ケア方法をまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

ちょっと買い出しする編

 

口内炎薬を買う

 

口内炎の薬はドラックストアに売っています。

最近は塗り薬以外にも、貼るタイプがあるみたいです。

 

近年は貼るタイプの方が人気があるみたいですが、この辺りはドラックストアなどにいる薬剤師さんに聞いた方が安心かなと思います。

 

今すぐ治したい・時間がある方はドラックストアへGO!

 

ただ買いに行く時間がないと思ったら、とにかくお口のなかを清潔に!

 

ついでにビタミン剤とかついでに買うなら、チョコラBBとかあればいいですね。

 

自宅編終了

 

余談 あるものを塗るといいらしい

 

口内炎の薬って少し抵抗ありますよね。

 

なんと色々調べていると、食べ物で口内炎のケアをすることができるそうです。

 

それが「はちみつ」

 

 

昔からおばあちゃんとかそういう系で、民間療法として実践されている治療薬的役割を持つそうです。

 

おばあちゃんの知恵として聞いたことがある人も多いみたいですよ。ちなみに私は一切聞いたことありませんでした。

 

ハチミツに関しては、近年の医学的にも効果が認められていて、それが何かというとハチミツは「殺菌作用」が強いのだそうです。

 

他にも、皮膚の炎症や鎮痛にもいいらしいですよ。この辺がいいんじゃね?と医学界でも認められているのだとか。

 

ハチミツて食べるのは身体にいいと聞きますが、塗るのもいいんですね。

 

ちょっと抵抗あるかもしれませんが、薬と比べると食べ物なので意外といけるのかもしれません。

 

実際にはちみつを塗って良かったといいう口コミも多いですが、それをうわまって舐めたら1日でいい感じにと言われており、最強の薬みたいよと言われている常備はちみつにした方がいいといわれているはちみつをご存知でしょうか?

 

スーパーフードのあのはちみつ

 

その中でも、普通のはちみつと比べると殺菌力が高いといわれているハチミツが、スーパーフード的な「マヌカハニー」

 

キャラメルのように濃く、テレビでも話題になったはちみつですね。

 

テレビで見たときは喉にいいと見かけましたが、口内ケアにはよさそうですよね。

 

口コミで見かけたのが、

 

・舐めたら1晩で良くなった

・塗ったら良くて驚いた

・口内炎や喉荒れにもいい

・マヌカ取ってから2年は口内炎と無縁

 

など殺菌力が良いという口コミが多くて、ハチミツと比べると、成分の差が大きく違い、酵素にビタミンやミネラルなどが豊富に含まれているそうです。

 

喉のイガイガなどケアにもいいそうですが、このマヌカハニーランクが高い程品質がいいみたいです。

 

その中でも、TCNのマヌカハニーはは芸能人が喉や健康ケアとして使っているなど話題のある品質の良いマヌカハニーみたいですよ。

 

ただマヌカハニーは普通のスーパーには売っておらず、少し高級なスーパーやデパートなどに売っているので、いけない人は通販がいいかもしれないですね。

 

口内炎ならプロポリススプレーとかもあるのでそれもよさそうです。喉が痛くなりやすいので1度使った人は常備ハチミツとして持っている方も多いみたいです。

 

ただわりとマヌカハニーは普通のはちみつと比べると高いんですが、風邪ひいたり口内炎ができたりするよりかはましで、毎日取っていると口腔ケアができるみたいです。

 

喉が弱かったり、口内炎ができやすい方にはおススメかもしれません。

 

≫≫TCNのマヌカハニーは詳しい情報はこちらから

 

まとめ

 

本当は歯医者で薬をもらえばいいのですが、忙しかったり、歯医者に行けないとなかなか難しいですよね。

 

そういう時はできるだけ、口内を乾燥させず清潔にすることが大切です。

 

イソジンなどがいいらしいので、そういう口腔ケアできるものでケアして、買いに行けるならドラックストアで薬を買ったりビタミン剤を飲んだりすると、少しでも治りが違ってくるかも知れません。

 

すぐにできたら、うがいでケアすると治りも違ってくるかもしれません。痛みは少し楽になるので・・

 

ただ口内炎にならないためには、常日ごろ野菜や果物を取ってビタミンを取ったり、疲れそうになったら体を休ませることが大切ですね。

 

ハチミツやマヌカハニーを毎日食べていれば、身体の健康にもよさそうなので、気が向いたら食べてみるといいかもですね。

 

毎日口内炎にならないように、ケア大切ですね。

 

口内炎悪化するから、少しでも早く治したいですし、できないようにしたいですね~

 

オーラルケアもして、お口を清潔に~

歯の黄ばみを取る方法 市販のホワイトニングを使ってみた

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事