歯の黄ばみを取る方法!自宅でもできるホワイトニング方法

自宅でコーヒーや紅茶など飲んだりすると気になるのが、歯の黄ばみですよね。

歯の黄ばみがあると鏡をみたり、歯磨きをするときすごく嫌ですし、何より人と話す時気になりますよね。

歯の黄ばみを取って、白くてピカピカのキレイな歯になりたい!

ここでは歯の黄ばみを取る方法や、歯の黄ばみにならないための予防方法をご紹介します。

一般的な歯の黄ばみを取る方法と、自宅でできる歯の黄ばみを取る方法2つご紹介中です。

スポンサーリンク

自宅以外で歯の黄ばみを取る方法

まず最初に一般的な歯の黄ばみを取る方法についてご紹介します。

歯医者で歯石を落としてもらう

歯の黄ばみは歯石がたまってできている場合もあります。

もし歯医者などで歯石取りをしていない場合は、まずは歯医者に行って歯石を取ってもらうといいかもしれません。

歯石を取るのは保険適用なので、何千円かで済みます。

歯科クリニックなどでホワイトニングをしてもらう

歯の黄ばみを取るのにわりと即効性が期待できるのは、歯科クリニックでホワイトニングをしてもらうことです。

ホワイトニングができる歯科クリニックでは、芸能人のようなピカピカの歯になるのは期待できます。

ただお金が想像以上に高く、時間とお金に余裕がある方は向いています。

自宅などでもできる歯の黄ばみを取る方法

ここでは自宅で歯の黄ばみを取る方法をご紹介します。

自宅でもできる方法に加えて、黄ばみを取る方法として3種類あります。

ホワイトニング入りの歯磨き粉で落とす

黄ばみは普通の歯磨き粉では取れないので、黄ばみをとるにはホワイトニングが入っているものを利用してみましょう。

ホワイトニングを選ぶ際は、ただ歯の表面を磨く研磨剤やうわべっつらをただキレイにする漂白剤の商品だと歯が傷みやすくなるので、歯が黄ばみやすくなります。

安いホワイトニングには、これらの一時的な商品は売っていますが、研磨剤は歯のエナメルをを傷つけて薄くするため、長い間これを使うことで歯がボロボロになりやすくなります。

そのためホワイトニングを使う場合は、

・歯を傷つけないための黄ばみを浮かせて取る成分が入っている
・身体に害の少ない添加物
・黄ばみの原因となる歯の沈着を防ぐ
・歯を白くすると書いてある
・口腔ケアができる

ホワイトニングを使うことが歯や口腔的には賢明です。

添加物が多く入っていると、口腔ケアに異常がでる場合もあります。

口腔に異常がでると、口臭などにも影響が出てきます。

そのためできるだけ歯関連の商品は妥協せず、優しいホワイトニング商品を選ぶのがおすすめです。

歯科クリニックなどでホワイトニングするよりも時間はかかりますが、お金をかけずにキレイな歯を持続ができます。

私は「はははのは」という、研磨剤や漂白剤など使用していない歯磨き粉兼用のホワイトニング剤を使っています。

歯の黄ばみの即効性はないんですけど、徐々にキレイになっていくので歯にはとても優しかったです。

ホワイトニングができる電動歯ブラシを使う

今は自宅でできるホワイトニングができる電動歯ブラシが売っています。

それが「ホワイトニング歯磨き「ZEROクリスタル」」という電動歯ブラシです。

え、電動歯ブラシで黄ばみケアやキレイに磨けるの!?と思いますよね。

じつは普通の電動歯ブラシと違うのが、LED照射という機能がついていることです。

日本初LED電動歯ブラシともされています。

世界初新規成分とされる酸化タングステンを配合することで、歯をより一層白く磨きあげ、汚れを分解・除菌・消臭してくれます。

実際に10円玉をこの電動歯ブラシですると、

こんなにもきれいになります。

そのため黄ばみだけでなく、素早く歯を白くしたい方にも向いています。

動画は「公式サイト」でご覧いただけます。

ホワイトニングマウスウォッシュを使う

今は歯を白くするマウスウォッシュというものも売っています。

それが「THIS IS WHITE」という医薬部外品のマウスウォッシュです。

短鎖分割ポリリン酸の力で歯の表面に付着した黄ばみの原因のステインを効率的に除去したり、歯の表面をコーティングなどホワイトニングだけでなくお口のオーラルケアをすることができます。

実際にホワイトニング実験でも

こんなに汚れが落ちています。

他にもこれ1個で、

があるので歯の黄ばみ以外にも外出時に携帯として持っていけば、お口の中を常に清潔にさせることができます。

お店では売っておらず公式サイトのみでの販売となります。

詳しくは「公式サイト」をご覧ください。

ちなみに歯の黄ばみが取れるという方法で「重曹」があるんですが、あれ実際にやったら全く取れないので、個人的にはあまりおすすめできません。

スポンサーリンク

歯の黄ばみにならないための予防方法

せっかくキレイになっても、持続して予防をしなければ歯が黄ばみやすくなってしまいます。

例えばコーヒーやチョコレート、キムチなど濃い色の食べ物は歯が黄ばみやすくなります。

歯の黄ばみを予防する方法としては上記の歯の黄ばみを取る方法を持続したり、濃い食べ物を食べたらできるだけ早く歯磨きや口腔ケアをすることです。

歯磨きをするのは無論なんですが、やはり口腔ケアもとても大切です。

なぜ口腔ケアが大切かというと、口腔ケアを雑にしていると、虫歯の原因や歯を弱くする雑菌が繁殖しやすくなるからです。

歯が弱くなれば歯の黄ばみも付きやすくなってしまいますし、歯が弱くなって見栄えも悪くなります。

ホワイトニング商品を使いたい場合は、ホワイトニングだけでなくオーラルケアで歯のケアができるものを選ぶことが長く、きれいに歯を保つためにはとても大切です。

スポンサーリンク
おすすめの記事