友人がわりと働いた介護施設を辞めるそうです。

介護現場って大変そうだよね~と思っていたら、友人の働いていた介護施設は相当なブラック施設だったっぽいです。

世の中には若い人はがむしゃらに働かせられるけれど、上の人は一体いつ休んでいるの状態なのだとか。

ここでは、友人から聞いた介護施設のブラック事情を書いていきます。

 

スポンサーリンク

 

ブラック介護施設の実態

 

ブラック系の介護施設は、利用者や住居者はいいそうです。ブラックなのは働き手の方ですね。

 

友人の働いていた施設は、デイケアサービスとそこで住むことができる、障害ありなど総合介護施設なのだとか。

 

介護施設の働く人がいい人からやめられなかったらしいのですが、

 

こんな条件だったようです。

 

・週6(休日1)

・夜勤有

・のち休日にボランティア有

・残業をしないと給料が極端に少ない(手取りはカツカツ)

 

※ちなみに正社員

 

ボランティアって何さ( ゚Д゚)

 

ボランティアというのは、介護施設ではイベントとかありますよね?

 

あのイベントを職員という立場でなく、ボランティアという立場で手伝わされるそうです。

 

また、介護施設のお年寄り独自のサークルやイベントもボランティアなのだとか・・・・。

 

しかも、しかも、貴重な大事な週1の休日がそのイベントで潰されるのだとか・・・。

 

ほぼに1か月丸々働いて、給料が悲しいほど低いのだとそうです。

 

トップに立つ人たちが休まないので、従業員も休めないような環境ができてしまっているらしく、人数も採用せずにカツカツ状態の経営をしているのだとか。

 

少し前までは介護施設などでは色々な事件的なことがありましたが、こんな現状を聞けば何かしらのトラブルがあっても仕方のないことなのかなと思ったり・・・。

 

他の従業員がいい人だから頑張ってたらしいですが、本当に涙が出る。

 

しかも週6で休み1日でプラス残業で、過食症になったらしいです。

 

たまに連絡をしていたのですが、帰りがいつも深夜12時ごろ。若い女性が帰るのは危険だよ。しかも、お金も少ないとかさ。

 

お年寄りもさ、人にばっか頼っていないでもう少し自分で色々やりなよって感じですよ。

 

こき使われて、昼もまともに取れなくて私なら1か月でギブだよ・・。そんなブラックな介護施設で働いていた友人に涙がでます。

 

ですが、こんなんじゃまずいと決意して転職を考えたようです。というか、辞めて転職活動するので本当に良かったと心から思えます。

 

昔は週6とか当たり前だったけれど、今は時代が違うんですよね。昔はやればやるほど伸びた時代だし、介護の施設もそこまで人も多くなった。

 

高齢社会でああいう施設に増えるけれど、労働者の負担は増えども賃金は減る。そんなのっておかしな話だよ。

 

友人は介護士以外の資格も持っているから、もっと良い介護施設とあと休みがきちんととれるしっかりとしたところの転職先を見つけて欲しいなと思いました。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事