2016年の11月中旬に秩父や長瀞の紅葉を見に行ってきました。

 

西武線のレッドアローで行こうとしたのですが、時間がなかったので、準急で行ってきました。

 

秩父や長瀞の紅葉以外にも紅葉が見られました。ここでは、紅葉の見頃の時期や、長瀞の紅葉画像をチラみせしちゃいます。

 

スポンサーリンク

 

秩父や長瀞の紅葉の時期とは?

 

秩父や長瀞の紅葉の目安は、11月中旬~下旬ちょい前ぐらいかなと思います。

 

11月15,16、17日は結構見頃だったので、多分11月の22,23日ぐらいまでは見頃だと思います。

 

秩父までは準急で行ったのですが、吾野などあたりはすでに紅葉がとても綺麗でした。

 

12月の上旬に「秩父祭り」という有名なお祭りがあるのですが、この時期だと紅葉は散っているか、枯れている可能性があると思います。

 

秩父の長瀞の紅葉はどんな感じ?

 

秩父の写真を撮るの忘れたので、秩父の長瀞の紅葉の写真画像をご紹介します。

 

長瀞も秩父の山もそうそう変わらないので、参考にしてみて下さい。

 

長瀞の紅葉画像をチラ見せ

 

秩父の長瀞と言えば、「長瀞ライン下りができる長瀞渓谷の岩畳と川」や「宝登山神社(ほどさんじんじゃ)」が有名ですよね。

 

じつはこの2つがある場所は、宝登山と長瀞渓谷の岩畳は反対方面だったりします。なので、2か所違ったシュチュエーションの紅葉が楽しめちゃいます。

 

宝登山神社方面の紅葉画像

 

まずは、長瀞の宝登山がある方の紅葉はこんな写真画像をチラみせ。

 

長瀞 紅葉

 

ご覧いただけるとわかるのですが、宝登山方面の山と近くにあったモミジや紅葉です。

 

写真画像だと長瀞の奥の山の色は微妙な感じはしますが、実際には山が色がついていてとても綺麗でした。

 

これが山々一面に見えます。ちなみに、西武秩父駅の方の山や西武秩父まで行く道中の山々もこんな感じでした。とにかく驚くほど綺麗です。

 

ちなみに、画像がブレブレなのですが、宝登山神社の紅葉。

宝登山 紅葉

 

調ブレブレの画像でなんだこりゃ(笑)と思われますが、イチョウの葉っぱだと思いますよね。じつはこれ、黄色いもみじだったんです。赤いもみじが一般的ですが、個人的に黄色いもみじは見たことがあまりなかったので、貴重な感じがしました。

 

ちなみに、この黄色いモミジがあるのは、宝登山神社の社殿のすぐ左の横の恵比寿様の象(確か恵比寿様)付近にありました。見たい人は長瀞の宝登山の紅葉を見に行ってみて下さいね。

 

神社なので、赤いモミジも綺麗でしたよ。

 

長瀞ライン下りのできる長瀞渓谷・岩畳の紅葉画像

nagatorokouyou

テレビとか雑誌とかで見たことあると思いますが、長瀞の紅葉は川と長瀞渓谷の岩畳と紅葉のマッチ具合が半端ないです。

 

しかも、ライン下りをすれば川から一望の紅葉を見れるのがとても贅沢ですよね。なので、紅葉時期の長瀞のライン下りはものすごく混んでいる感じでした。

 

岩畳は長いので、そこでボーっとして紅葉を楽しんだりするのもイイと思います。贅沢。

 

nagatorokouyou

 

晴天だとこんな感じで、とても紅葉が綺麗です。11月中旬にいったのですが、下旬最後あたりだと岩畳の紅葉は枯れちゃいそうって感じでした。なので、秩父や長瀞に行くならば下旬でも最初の方がいいと思います。

 

秩父までの紅葉を見たいのであれば準急がおすすめ

 

秩父まで行くのに急いでいない人で紅葉をのんびり見たい人は、準急の電車に乗るのがおすすめ。

 

池袋からレッドアローでそのまま一気に秩父まで行くのもいいのですが、飯能から何個駅先から、結構な紅葉が電車の窓から見ることができます。

 

特急のレッドアローでもいいのですが、わりとスピードが速くすぐに通過してしまいます。(十分に紅葉が見れればいいと思います)

 

私の場合は、飯能駅から秩父駅まで準急の電車で乗って行ったのですが、道中の紅葉があまりにも綺麗だったので、時間が苦にならずに西武秩父まで到着することができました。

 

なので、紅葉を見ながらお喋りとかお弁当とか食べたい人や、じっくり電車内で紅葉を楽しみたい人は、飯能駅まで特急で行って、そのあとは準急の電車に乗るのもいいと思います。

 

特急だと約30分ぐらいですが、準急だと約45~50分なので、のんびりと紅葉を見るには最適。ですが、西武秩父駅から長瀞駅に行くには、「御花畑駅」から長瀞まで行くので、その道中にも紅葉を楽しめるのでさっさと長瀞に行きたい人は、西武秩父までは特急で行っちゃうのがいいと思います。

 

御花畑駅は本数がかなり少ないので、長瀞行くときは、長瀞までの路線時間を確認すると便利です。

 

長瀞渓谷の岩畳をずっと、石畳と思ってた・・・・。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事