箱根の旅館やホテルに泊るとき送迎バスがある旅館やホテルもありますが、箱根の場合は何か所か止まる総合のシャトルバスの利用方法が多いです。

 

シャトルバスというとピンときませんが、塾とか介護バスのような感じの大きさのバスでした。

 

ここでは、箱根の旅館やホテルに行く送迎のシャトルバスの乗り方などを書いていきます。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

箱根旅館・ホテルのシャトルバスの乗り場はどこ?

 

シャトルバスの乗り場は、箱根湯本駅から降りて、箱根登山バスよりも手前のロータリーが乗り場になります。

 

方面的には、商店街でなくロマンスカーなどが見える方面ですね。

 

富士屋ホテルのパン屋や箱根登山バス総合案内所の前に、3か所の乗り場があります。

 

手前からAコース、Bコース、一番奥がCコース方面になります。

 

ホテルや旅館はコースごとに違う

 

Aコース、Bコース、Cコースによって、ホテルの方面が違います。

 

旅館やホテルを取った時、シャトルバスは○○コースで行ってくださいなどとあります。

 

箱根のホテルでも人気のある「天成園」や、家族がよく行くらしい「おかだ」などはAコース。ちょっとお高い系のホテルや旅館はBやCコースになります。

 

それぞれの方面で違うので、自分がどのコースのシャトルバスに乗ればいいかわからないときは、バスの乗り場のところに行き先の「ホテル名」が書いてあるので、自分はどこのホテルかを確認してみると良いですね。

 

箱根ホテル・旅館のシャトルバスの料金はいくら?

 

大人・子供や場所関係なく、100円になります。お安いですね。

 

だから近場のホテルであれば、歩いた方がお得ですが、坂の上の方のホテルであればシャトルバスを利用した方が断然楽です。

 

シャトルバスは何分ぐらいで来る?

 

だいたいは約30分間隔で来ます。

 

シャトルバスの乗り方

 

乗るときはコースごとに並び、順番に乗ります。

 

箱根の旅館やホテル行のシャトルバスは「前払い」です。運転手さんの横にお金入れがあるので、そこに100円を入れて、自分の泊まるホテル名を言います。

 

もし言うのを忘れた場合、乗ったあと運転手さんが運転をしながら確認をしますが、危ないので乗った時に泊まるホテルや旅館を伝えておいた方が良いです。(確認しない可能性もあるかもなので。そうすると止まらないので)

 

夕方には混雑する

 

箱根湯本から一気に乗るので、お昼ぐらいは全然空いているのですが、夕方ぐらいになるとチェックインをするのでシャトルバスも混雑します。特に16~17時ぐらいから混雑します。

 

定員オーバー数などもあり、もしかしたら夕方だと乗れない場合もあります。

 

立っているのもいいのですが、各ホテルで降りる人もいるのでいちいち出たり入ったりするのはとても面倒くさいです。

 

特に足の不自由な人は、早めに並んでおいた方がいいです。出発時間ギリギリになると急に混雑します。

 

私は来る10分前ぐらいに並んだら3番目ぐらいだったので余裕で座れましたが、あとからどっとシャトルバスの列が混雑しました。乗れない人もいた感じ。

 

トランクなど荷物入れがないので、大きなトランクなどあると結構邪魔になります。こういう場合はタクシーなども検討したほうがいいかもとは思ったりします。

 

まとめ

 

箱根の旅館やホテル行のシャトルバスはお手軽ですが、遅くなるほど混雑するので近場であれば歩いて行った方が楽です。

 

シャトルバスは前払いで、両替とか微妙な感じなので人数分×100円は未然に用意しておいた方がいいですね。帰る時に乗る人も100円は用意した方が良いです。

 

人がいなくても、先頭に並んでおいて座った方が楽です。いちいち降りたり、坂道だと立っている人大変っぽかったですし、乗れなければまた30分待たなければいけないので面倒です。

 

最初乗り方わからなかったのですが、お金を払う⇒行き先を伝えるでOKです。

 

良い旅を!

 

箱根湯本駅から箱根神社へのバスでの行き方

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事